アイリストと美容師のどちらが良いか

アイリストと美容師のどちらが良いか

初めにはっきりしたい事としてアイリストとして美容院などに就職するには美容師の資格を持っていることが必須条件になります。
したがって美容師の資格だけ持って就職するよりもアイリストとしての勉強をして養成学校やアイリスト協会からの認定資格を得ている方のほうが有利な条件で採用される可能性は高くなります。

 

美容業界な個人的な経営者が多いので一般企業のようにしっかりした就業規則や賃金規定のない美容院が殆どといっても良いくらいな状態です。
しかも、美容師は職人さん的な気質の経営者が多いので「弟子をとって技術を教えてあげる」という思想の方が多いのが現実です。

 

 

 

美容師の専門学校を卒業して美容師資格を取得して美容院に就職しても、初めの1年間ぐらいは実際のお客さまのヘアメイクはさせてくれません。
初めの1〜2年は下積みの生活ですので給料も一般の仕事と比べますと非常に低い給料で、しかも掃除とお客さまの髪洗が中心になります。

 

その点では美容院によっても差はありますがアイリストの資格も持っていると、アイリストとしての仕事に最初からつかせてくれることもありますので初任給も美容師だけよりも割高になります。

 

 

 

これだけ聞くと、美容師になるよりもアイリストになったほうが得なようにも思えますが、問題は自分が将来に目指す道が一人前の美容師になりたいのか。アイリストとして一人前になりたいのかの選択肢の問題になります。
一人前の美容師になるためには下積みの生活は将来にとって大切な期間でもあります。

 

 

 

この期間に「忍耐する心の強さ」と「清掃や洗髪の意味する所」も身につけているのです。
そして、店長から信頼を得て大切なお客さまを任さてもらう事の意味も学ぶのです。
アイリストの業界は今は流行していますが、まだ歴史の新しい分野ですので自分が立派なアイリストとして道を切り開いてゆくような覚悟も必要です。