美容師免許

美容師免許

美容師免許を持たないアイリストがまつ毛のエクステンションなどをしたという事で逮捕されたというニュースを耳にしたことがあるかと思います。今から5年前の平成20年の3月に「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」という通達が厚生労働省より発せられました。このお達しが出るまでは、美容師免許を持っていない人でもアイリストとしてお客さんにお金を貰ってまつ毛のエクステンションやまつ毛パーマなどをしていました。

 

 

 

しかしこの通達によって、まつ毛のエクステンションという施術が美容師法上の美容行為に該当するということが明確化され、まつ毛のエクステンションを業として行う場合には、美容師免許の取得が義務付けられたのです。今まで美容師免許を持たないでまつ毛のエクステンションを業として行っていた人たちがそのまま施術を続けてしまったりした結果、法律に反するとして逮捕されてしまったりしたのです。

 

 

 

しかし、今ではアイリストを雇う側としても美容師免許を持っていない人を雇わないようにしているため、ほとんどのサロンで働くアイリストは美容師免許の資格を所持するようになったのです。一方、美容師として働く場合には、昔から美容師免許の取得が義務付けられていたので、美容師免許を持たないと美容師をすることが出来ないという認識が一般化しており、無免許で逮捕されるというニュースはほとんど聞きません。

 

 

 

皆さんも美容師やアイリストを目指しているのであれば、美容師免許を取得してから活躍してくださいね。