お給料は?

お給料は?

美容関係の仕事において良く比較対象されるのが、アイリストと美容師です。美容関係の仕事には、ネイリストやメイクアップアーチストなど様々な職種がありますが、アイリストも美容師もともに美容師免許がないと仕事をすることが出来ないという点で共通していますので、良く比較される職種なのです。美容関係で既に仕事をしている人も、美容専門学校を卒業して、これからどんな仕事に就こうか悩んでいる人も、やはり一番気になるのはお給料の事ではないでしょうか?

 

 

 

美容師になるのと、アイリストになるのはどちらがお給料が良いのか。一番の悩みですよね。美容師の場合、一人前になって初めて20万円から25万円のお給料を貰うことが出来ます。しかし一人前になるまでのアシスタント期間は短くて2年、長くて5年もあり、そのアシスタント期間のお給料は10万から16万という低いお給料になっているのです。

 

 

 

一方で、アイリストの場合には、未経験でも初任給18万程度貰えることが多いのです。というのも、今アイリストの業界は人材不足だからなのです。またアシスタントの期間も、美容師に比べると断然短く、長くても6か月程と言われています。ネイリストが飽和状態にある一方で、アイリストの業界は需要が拡大しており、引く手あまたなのです。

 

 

 

大きなエステサロンだと、アイリストを常に在籍させている所も多く、その場合あと、お給料も初任給で20万以上になる場合もあり、これからはアイリストとして活躍する人が多く増えること間違いないのではないでしょうか?