どっちも同じ

どっちも同じ

アイリストって聞いても、なんだかピンとこない人が多いのではないでしょうか?アイリストはここ最近登場してきた職業で、まだニッチな世界といっても過言ではないかもしれません。ネイリストは飽和状態になりつつありますが、まだまだアイリストはこれから伸びて行く状態で、今最も美容関係の間では話題の仕事です。そもそもアイリストという職業はどういう事をするのでしょうか?

 

 

 

アイメイクと少し似ているかもしれませんが、アイメイクと言うよりまつ毛を専門に扱う人のことをアイリストと呼んでいます。まつ毛パーマの施術をしたり、まつ毛のエクステンションをしたりするのです。美容師は髪の毛を扱いますが、アイリストはまつ毛を扱う仕事なのです。そのため、アイメイクを施す場合には美容師免許は必要ありませんが、アイリストの場合には美容師免許が必要なのです。

 

 

 

髪の毛を扱うか、まつ毛を扱うかの違いですので、大げさに言えば美容師もアイリストも特に違いはないのです。髪の毛だってパーマをかけますし、エクステンションだってしますよね。美容院の中でアイリストを在籍させているサロンだって登場してきました。また、美容師でもアイリストとして活躍する人もいますし、もともと美容師だった人がアイリストに転職したり、またその逆もあります。

 

 

 

アイリストも美容師もどちらの仕事に就くにあたっても美容師免許が必要になります。そのため、転職においても、ネイリストからアイリストや美容師になるのとは違い、有利と言えるかもしれませんね。