アイリストの検定試験

アイリストの検定試験

アイリストの資格を得るための技能や検定試験は各協会が独自に行っていますが、国家資格はなくあくまでも民間の資格試験です。アイリストの認定基準は統一されたものがありませんから、いずれの協会が実施する試験であっても、合格すればその協会から認定されたアイリストとして認定書を授与されます。

 

なお、「いずれの協会から認定されたアイリストか」ということが就職の際に影響するケースはあるようですから、どの協会の検定試験をうけても何の問題もありませんとは言い切れないようです。

 

ここでは、代表的な2つの検定試験について紹介しておきましょう。
1つは、JLA技能検定試験です。これはJLA(日本まつげエクステンション協会)が実施するアイデザイナーの技能検定試験で、2級と1級があります。

 

2級はだれでも受験でき、試験内容は施術の実技と選択・記述式の筆記です。1級は2級取得者だけしか受験できず、実技と筆記試験のほかに「審査官とのカウンセリング」が加わります。両試験ともそれぞれ80%以上が合格ラインで、合格すればJLAの認定証(一般に、ディプロマと呼ぶ)がもらえます。なお、受験料は2級が1万円で1級が15,000円です。

 

もう1つが、JEA(日本アイリスト協会)が実施する検定試験です。2級・1級・認定講師の検定試験で、2級はだれでも受験できますが、1級はサロンオーナーや店長などの経験2年以上の人が対象です。

 

また、認定講師の検定試験検定に合格すると、同協会の講師会メンバーに加わってセミナーでの指導員、検定試験やコンテストの試験管・審査員として活動できます。なお、受験料は会員で1級が2万円、2級が16,000円です。