アイリストの資格取得の手順

アイリストの資格取得の手順

国家資格である美容師免許を取得している人でなければ、アイリストとして働けないことはよく知られていますが、誤解している人が多いのは、美容師免許を持っている人はアイリストに求められる技能も持っている、と思っていることです。

 

実際にはそうではありません。美容師免許取得に求められる知識や技術だけでは、アイリストに求められる知識や技術の習得ができないのです。そのため、美容師免許を持っている人であっても、美容サロンやアイリストの技術を学べる民間の講座などでの研修を受けたりアイリストの民間資格である検定試験に合格したりした後に、アイリストとして施術にあたります。

 

こうしたことから、アイリストを目指す人は、次のような手順を踏むのが一般的なようです。
まずは、高校卒業後に美容師の専門学校に進学します。昼間・夜間・通信で学べる専門学校が全国にありますので、ライフスタイルに合わせて学べます。平均すると2〜3年で学校を卒業し、美容師の国家試験試験を受けます。合格すれば、「美容師免許」を取得できるのです。

 

美容師免許を取得したらアイリストとして働くことができるのですが、美容専門学校はヘアメイクの勉強が中心ですから、エクステの知識や技術を学ぶ必要があります。そこで、勤務先の先輩アイリストの指導を受けたりアイリストに必要な技術を学べる民間スクールや講座に通ったりして勉強を続けるのです。

 

その後、施術を受ける人に安心してもらえるよう民間資格である検定試験に合格してディプロマを受け取ってから、アイリストとして実際の施術にあたります。